身体作り

なぜテニスの試合で勝てないんだろう?

テニスの試合で負ける原因は体の発育が遅いからかもしれないです。 既に体が大人になったジュニアとまだ子供体型のジュニアを 同じ土俵で比べるのは少し無理があります。
ジュニアテニス

初心者の小学6年生が中学で全国大会に上がる事が出来ました。

小学校6年生の時はほぼラリーができるかどうかのレベルから 1年後の試合出場 2年後関西ジュニアに出場でした。
進学

ジュニアテニスは目標達成の方法を確立しよう。

大体の人がその方法も判らず今のむやみやたらに突き進んでいるだけです。 早い段階で情報を張り巡らせて目標と方法を模索する事をお勧めします。
ジュニアテニス

これからテニスの理想を目指す低学年の保護者へ。

理想のジュニアテニスのスタートとは?各自目標はプロ〜インターハイなどあると思うのですが早期に取り掛かり特にキッズは早めのイエローボールへの対応をお勧めします。
ジュニアテニス

才能とは別に考えて欲しいテニスの環境の流れ作り。

どうしても技術面や才能の事に意識が行きがちですが 環境の流れが正の流れになっているか?正のループの獲得法について
技術

テニスで運動音痴?打ち方が変?上達が遅い!などの原因について

よく見る何年も初級クラスに主のようにいるタイプ それは単純にリズムが悪いだけなのかもしれません。
レッスン

10月10日(日曜日)は1日ボレー集中練習を行いました。

メンバーは和歌山,大阪,宮崎など集まり充実した1日でした。 土日は毎週テーマ別で一日かけて反復練習を行います。
レッスン

土曜日はコーナー精度を向上させる練習でした。

強豪テニス部に入学した後で発生したトラブルの数々です。 選手間のいじめ,保護者同士の問題,先生とのトラブルなどでせっかくの学校生活が大変な事になる場合があります。
トレーニング

最初に身体測定のないトレーニングは怪我をする。

トレーニング前は数値による確認あるきです。 当然フィールドテストなどの数値と合わせて評価して行きます。 計測もなく評価確認もないトレーニングは怪我を伴うので危険です。
学校問題

テニスの進学問題について中途半端が何が悪いの?

テニスが出来るジュニアは強豪テニス部のある学校に入学できます。勉強ができるジュニアは有名進学校に入学できます。ではその中間にいる人たちはどうすれば良いのでしょう?過去の例に基づいてお話しします。
タイトルとURLをコピーしました