どんな選手も、批判される時がある。


応援してくれる人がたくさんいる一方で、
心無い言葉や批判に傷つく選手も少なくない。

それが原因でパフォーマンスが落ちてしまったり
場合によっては選手生命に関わることだってある。


そんな選手に今日は、僕が今まで関わってきた
プロやトップジュニアが
周りの批判とどう戦ってきたか、
選手達の考え方や行動を
僕の知ってる限りですが伝えようと思う。

批判に悩んでいる選手の
何か手助けになると嬉しく思う。



①情報をシャットアウトする

ツイッターやブログなどの匿名SNSで、
選手に暴言を投げつけるアホがいる。
匿名投稿のアホ達にはいろんな心理があって
・なんとなくからかってる
・自分の考えが正しい!と世に伝えたい
・自分が果たせなかった目標を果たした嫉妬
・ブックメーカーで負けた腹いせ
・そもそも書き込みが悪口だと思っていない
など。
残念ながら、こうしたアホは
世の中からいなくならない。
いつの時代、どの場所でも一定数存在するので
いっそのことシャットアウトしてしまう。
ツイッターやフェイスブックは閉鎖したり
ブログはコメントを書き込めないようにする。
自分の連絡先は公の場所に載せない。

中には、事情があってSNSを閉鎖できない場合
誰か頼める人に、
自分のアカウントを管理してもらう
(投稿が必要なら、文章を送ってその人に
代わりに投稿してもらう。理不尽なコメントも
その人に削除してもらう、など)
選手もいた。

とにかく、自分の心を傷つける、惑わす情報を
シャットアウトすることが大事だという。



②自分より競技レベルが上の選手に相談する

意外に多かったのがこの意見。
自分の苦労を本当に理解してくれるのは
同じステージにいる人or経験したことの
ある人だけ。

特に自分より上のレベルにいる選手は、
日頃たくさんの批判を受けて戦っている。
批判を受け流す、シャットアウトする方法も
よく知っている。

正直言って、何も経験していない大人よりも
絶対に参考になる考え方や意見を持っている。

反対に、競技の世界を知らない
よく分からない大人の意見は聞くべきじゃない。
あなたの世界を理解できるのは
あなたと同じ世界にいる人だけだから。



③批判を無視して圧倒的に突き抜ける

批判を受け流せなかったり
真っ向から反論したいタイプの選手は
批判すらも「今に見とけ」と
自分を成長させるエネルギーにできるらしい。

人は、結果を出していない人のことは批判する。
しかし、そんな声を無視しひたむきに努力して
圧倒的に結果を出すと、
人は手のひらを返してあなたのことを認める。

基本的に、出る杭は叩かれるけど、
圧倒的に出過ぎたら叩かれない。

根本的に負けず嫌いの選手は
この考え方が合ってるかも。
(というより、自然にこの考えになってるかも)


④応援してくれる人のアドバイスを聞いて
実践する

当たり前ですが、あなたのことを批判する人は
「こんなんじゃダメだ、〜するべきだ」
とか言うけど、それを真に受けて失敗しても
批判したヤツは責任取ってくれない。

だけど、自分を応援してくれる人は
何か合ったら助けてくれる。
あなたのために無償で動いてくれる人も
いるだろう。

わけ分からん批判するヤツの言うこと聞いても
自分が損するだけ。という、
少し大人な考え方。




以上、僕が関わってきた選手達の
批判との戦い方でした。


何かの役に立てば幸いです。

IMG_8147.jpg


追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)





昨日、仕事の合間に
全日本ジュニアを見に行きました。

IMG_8173.JPG

IMG_8172.JPG



ある選手と再会。
数年ぶりに、ゆっくり話すことができた。
※毎年全日本ジュニアで会うものの、
タイミングが合わず話すことができなかった。


話していくと、ビックリするぐらい
大人になっていたことに気がつく。


今後のこと、将来のこと、自分のやりたいこと
挑戦したいこと、そのために今頑張ってること。。

ホンマに成長したなぁ〜と感心しました。
(もともと表には出さないけど、
よく考えてる選手だったんですが)

ここ数年、いろんなことを経験したそうだが
自分と向き合う環境がそうさせたのか。


話していて僕も頑張ろうと思ったし、
こんな選手が広い世界で活躍できたら
次世代の選手にすごく影響になると思う。
苦労を乗り越えた選手の言葉と活躍こそ
今のジュニアに一番エネルギーになるだろう。



今、自分で「大変だな」と感じているジュニア達。
同じように大変な経験を乗り越えた先輩達の
活躍や言葉を聞いてみるのを勧める。

とことん自分と向き合う期間は大変だろうけど
絶対に無駄にはならない。
その選手と昨日話して、改めて感じさせられた。


今日の写真/遠征中のネコ

IMG_8144.PNG

IMG_8143.jpg

インターハイ遠征中に宿舎の近くにいたネコ。
自転車のカゴで寝てるかと思いきや
自分から撫でられに近づいて来た。。
餌付けされてるんだろうか?
めちゃくちゃ可愛かったです笑




知ってる方もいるかも?

バイオフリーズというジェルのような商品です。


疲れる場所や痛む場所、火照る場所に
練習前後に塗っておくと、
疲れや筋肉痛、熱中症を予防してくれます。



サンプルをある人にもらって使ってみましたが
なかなか良いです。


全日本ジュニアも始まって
連日、暑い日が続いています。
僕も熱中症予防として現場でできることを
試行錯誤していますが、
これは中々簡単にできて良いので
オススメです。


持ち運びしやすいチューブ型と
ストックしておける大容量型もあるので
ぜひ、一本持っておいてください。

チューブ型↓



大容量タイプ↓




超大容量、業務用ボトル(笑)↓






誰でも、今の時代を生き抜きたい
生き残らないといけない
と考えているはず。


僕だってもちろんそうですが、
生き残るためには「本音」を「発信」
しないとダメだって気付いている人が
どれくらいいるだろうか?

そして、それを実践している人が
どれくらいいるだろうか?



インターネットによって世界と繋がり
一瞬でどんな情報でも手に入るようになった現在。


ありきたりな「大企業」よりも
自分のニーズにぴったり合う「個人」を
求めるようになった現在。


自分がどんな人の役に立つか
自分にどんなことができるのか。
助けられる人はどんな人で、
助けられない人はどんな人か。

ハッキリ本音で言うことで、
ぴったりニーズが合う人と繋がるようになる。
それが仕事になって、あなた個人が
生きていく力になる。



例えば僕は理学療法士ですが、20年前とかなら
大病院にいればそれでよかった。
「西川くん、給料いくら欲しいの?」
そんな時代だったという。

でも、同業者ならわかると思うけど
そんな時代はとうに崩壊している。

ここ数年、整体開業も含めて理学療法士が
いろんなことをするようになってきたけど、
個人の時代が来てるって感じてる人も
多いんだろうと思う。



少し前の時代なら、組織や病院の言うことに
そのまま従ってれば良かったかもしれない。
でも今は、そんな組織や病院も
安全とは言えなくなっている。


組織や病院の言うとおり従うだけの人は
組織や病院がなくなった時
どうなるだろうか?


病院だって学校だって大企業だって
公的機関すらも潰れてしまう時代なら、
あなた個人が生きる力をつけるしか
生き残る道はないんじゃないか。


今後、仕事はどんどん個人化していく。
本音をどんどん発信して
ぴったり合う人と一人一人仕事していく。
そんな時代が遠くない未来にやってくることを
あなたは気付いていますか?


今日の写真/2017年インターハイサポート
IMG_8147.jpg

今年は福島県 歴史の街、会津若松で一週間、
インターハイに帯同してきました。

好きなことを仕事にするなら
本音であることは絶対条件で、
それを「発信」しないと始まらない。
思ってるだけじゃ人に伝わらない。

自分の活動や思ってることは
どんどん発信することが
生き残るための道なんだと思います。




追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)









前回のレポートに引き続き、
個人戦の報告です。

IMG_8151.jpg


個人戦はシングルスもダブルスも
一回戦で敗れました。

スクリーンショット 2017-08-07 13.30.19.png

スクリーンショット 2017-08-07 13.35.04.png


シングルスの相手は関東ジュニアU16の
準優勝者。
かなり強豪ですが、いい入りで5-1とリード。
しかしそのまま勝ち切れず6-8で敗れました。

インターハイを通して、
普段見ているジュニア選手にも
僕に連絡をくれる治療家の方にも
たくさん伝えたいことが出てきました。

一度では書き切れないので
ちょいちょい書いていきますね。。

取り急ぎ結果報告まで。。
最後まで応援してくださって
ありがとうございました!!


追伸:全日本ジュニアに出場する選手及び
関係者の皆様へ

全日本ジュニア8/8~8/17の期間中、
出場選手の体のケアを
大阪・八尾にあるテニスフィジオのジムで
受け付けています。

連戦で疲れが溜まっていたり、
急なケガでトレーナーやフィジオに見て欲しい、
しかし即時に頼れる人がいない...
こんな方は、テニスフィジオに
お問い合わせください。
飛び込みでの問い合わせも大丈夫です。

詳細はこちらまで。




7月31日から、近畿大学付属高校の
インターハイの帯同で福島、会津若松に
来ています。

IMG_8068.jpg

IMG_8073.JPG

会津は静かでいい街です。
歴史好きとしてはたまらないでしょうね。
何より、涼しい。。

試合会場も練習場所も標高が高いからか
25℃ぐらいです。
大阪の40℃と比べると季節が変わったような
感覚ですね。

さて、今日で滞在4日目ですが
団体戦が終了しました。
IMG_8110.jpg

僕がサポートしている近大付属は
一回戦は熊本工業に3-0で勝利。
ダブルス8-3
シングルス1 8-3
シングルス2 8-2


二回戦は今大会の第二シード
秀明八千代が相手。
今年、ジュニアのグランドスラム(全仏)に
出場した白石選手を始めとする強豪です。
IMG_8118.jpg

IMG_8121.jpg


結果は、
ダブルス3-8
シングルス1 7-9
シングルス2 3-8
0−3での敗退でした。

一回戦は初戦で緊張が見られるも、
要所を抑えられた感じでした。

反対に二回戦は相手の初戦だったので
動きが固いようにも見え、
リードする場面もありましたが
最終的には地力の差でやられました。

全国のレベルで勝つには、
まだまだ実力アップが必要ですね。


昨日と今日は中日だったので、
練習とトレーニング、そして体のケア。

IMG_8148.jpg

IMG_8147.jpg

明日からは個人戦が始まります!

引き続き、応援よろしくお願いします!







全日本ジュニア期間中の8/88/17に、

ケガや疲労を抱えるジュニアのケアを

大阪、八尾にあるテニスフィジオのジムで

受け付けます。



関西地方の方はもちろん、

関西以外から遠征に来られるジュニアも

帯同されるトレーナーさんがおらず

連戦で疲れがたまったり、

急に傷めてしまって困る場合があるかと思います。


大会側のメディカルルームでも

対応していただけると思いますが、

より個別にしっかりとしたケアを求める方は

テニスフィジオまでお問い合わせください。



詳細は以下の通りです。



期間8/88/17

月、金、日は西川の都合上お休みです。


対象:全日本ジュニアに出場予定(補欠も含む)の全選手


ケアの内容

・痛み緩和のためのテーピング、アイシング、

各種コンディショニング

・疲労回復のためのケア、スポーツマッサージ

・痛み緩和、怪我の悪化を防ぐセルフケア、動作指導

骨折や重度の捻挫など、

明らかに治療が必要な場合は

医療機関の受診をお勧めします。



場所:テニスフィジオ

(大阪、八尾市 

HPアクセスはこちらhttp://tennisphysio.info


料金:1回3000

30分~1時間  身体の状態によって

時間が前後する場合があります)



対応時間AM6:00PM21:00

早朝の試合前、夕方の試合後にも対応できるよう

上記時間としています。

試合や練習で

急に傷めてしまう場合もあると思うので、

随時連絡を受け付けています。

もちろん、事前予約も可能です。



お問い合わせ

テニスフィジオ080-6107-5584まで

お電話ください。


希望の日時をお聞きし、

予約の空き状況を確認します。

できるだけ希望に添えるようにしますが、

他選手の予約が入っている場合は

別時間をご案内する場合がありますので

あらかじめご了承ください。


メールでのお問い合わせは

hyisthebest@yahoo.co.jpまでお願いします。


メールでのお問い合わせは、返信に

半日~1日かかる場合があります。

即時の対応を希望される方は

電話での問い合わせをお願いします。




全日本ジュニアは、すべてのジュニアが目指す

ビッグトーナメントです。


全選手が100%のパフォーマンスで試合に臨めるよう

サポートさせていただくことが目的ですので、

ぜひ宜しくお願いします。




8月ですが、1〜6日まで
近大付属のインターハイ帯同で大阪を離れます。
それに伴い、2周目以降の日曜日が来校日と
なります。

8月
13日:日曜
20日:日曜
27日:日曜

よろしくお願いします。



普段、病院の中で守られているからか?

スピード感がない理学療法士が多すぎる。


先日、僕の元にある問い合わせがあった。
僕が以前行ったセミナー動画が欲しい、
本気で頑張りたいから、
どうしても相談に乗って欲しい
という問い合わせだった。

※知っている方もいるかもしれませんが、
月30名限定で動画を無料配布しています。
そして本気の人には個別相談も
一度だけ乗っています。



もちろん、定員になってないので、
動画は差し上げました。
そして、個別相談も人数を制限しているので
できるだけ早く動画を見て、連絡をくださいと
返信した。



ところがどっこい。


3日たっても5日たっても連絡がこない。
1週間たってやっと、
「今、全て見ました。遅くなってすみません」
との連絡が。



いや、別に謝らなくていいですけど。
僕は困りませんし。
そんな人に対応しませんけど。
対応されなくて困るのはあなたじゃないですか?


案の定、その後
「すみません、今から個別相談
お願いできませんか?」
と。


無理です。
と一蹴(笑)



きっとその人なりには本気だったはずです。
でもね、その本気はハッキリ言って
レベル低すぎ。
本気ですって言っておいて
そのスピード感は本気とは思えない。



例えばね、あなたの大切な人が今倒れて
すぐに病院に行かないと危険。
そんな状態になったらすぐ動くでしょ?

本気っていうのはそういうこと。
これ、比喩でもないし
大げさでもないですからね。
スポーツを仕事にしてる人ってみんな
これぐらい必死ですから。



「スポーツを仕事にしたいです」って
言ってる理学療法士が僕の周りに増えてきて、
最近実情が見えてきたように思う。



ホントに本気の人はほとんどいない。



後ろめたい気持ちになった、そこのアナタ。
口だけってバレてますよ。
LINEや通話で連絡取り合ってるだけで
本気度は伝わりますから。


そんなことないと思うなら
死に物狂いで行動したらどうですか?


今日の写真/練習の合間に水浴び
IMG_8009.jpg

わかってるんですけど、
なかなか動けないんです」
と僕に連絡してくる理学療法士も多い。

そんなこと僕に言ってる暇があるなら
行動しろ。
人に会え。
ブログなりなんなり
人の役に立つと思うことを発信しろ。

確信犯的に行動せずに
「すみません」という言葉で身を守る人とは
絶対に仕事したくない。


ちなみに本気を感じる人には全力で対応します。
僕の答えられる範囲で出し惜しみせず
答えますので。。



追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ


上の記事にも書いていますが、

どうしても勉強したい!

ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。



ただし条件は、

「2日以内に動画を見て

感想なりなんなり連絡をくれる人」

です。

本気じゃない口だけの人がこの動画見ても

どうせ実践できないので。



下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)






相手の時間軸に合わせること。


時間軸とは、相手が動きたい時間感覚。


例えばメールやLINEでやりとりしてるとする。
相手が「急ぎじゃないけど
明日までには返信欲しいな〜」
と思ってる場合。

少なくとも明日までには返信する。

これが相手の時間軸に合わせるということ。


何かの理由で、相手は明日までに返信がないと
都合が悪くなる。
もしくは都合は悪くならないけど、
単にせっかちで返信を早くしてほしい場合もある。


こんな時に3日も4日も一週間も返信がないと
「あ〜こいつ俺とは合わないな」
みたいに思われちゃう。

どんなに内容が良くて能力が高くても。



反対に、こうした仕事上のやりとりじゃなくても
連絡を取る時に
「普通は返信に1日はかからんでしょ」って
常識を相手が持ってる場合。
自分がそうでなくても、
相手の時間軸に合わせた方が
相手は気持ちがいい。

たったそれだけで
「こいつとは波長が合う!」
と思われることも少なくない。



注意なのは、これらは多くの場合
水面下で起こってるということ。



納期のある仕事ならさすがに
「○○日までにお願いします」と
多くの人は一言添えるはず。


だけど普段のやり取りや、
別に急いでない案件に関しては
そこまでいちいち言わない人の方が
多いのではないだろうか。


だから、相手が思ってるより
レスポンスが遅くても、
相手から「お前遅いねん!」とか
言われることはない。


だけど、水面下では完全に思われている。
そして逆もしかり。



じゃあどうすればいいか。

相手の時間軸をその都度見抜ける人は
すごいけど、そんな特殊能力備えてる人は
少ないはず。


だったら結論は簡単。


できるだけ早くレスポンスしよう。




追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ


どうしても勉強したい!

ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。



下の西川匠 公式LINEに

『セミナー動画』とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)